相談専用ダイヤル
 
092-716-3344
  月曜日〜金曜日 10:00〜17:00

  住所:福岡市中央区舞鶴2丁目5-1 あいれふ3階
  運営:特定非営利活動法人JACFA
  所轄:福岡市精神保健福祉センター
 

トップページ 利用案内 スタッフ アクセス STUDIOUS 関連機関


◆ チーフ:Cさん

 チーフとして<よかよかルーム>で月曜〜金曜まで相談業務をさせていただきます。臨床心理士として医療系、産業系、教育系の現場において、様々な要因での不適応状態の方々の支援をさせていただきました。
複雑系科学のカオス理論という理論があります。「安定→混乱→安定→」を繰り返しながら、人のこころは生涯成長し続けます。ひきこもりが長期になってしまったからといってこころの成長に遅すぎるということはありません。(1)未来のビジョン(2)揺れる能力、揺れる場所(3)周りからのエネルギー(刺激、情報、発信など)の自由な出入りの3つが揃ったとき、人のこころは急速に混乱から安定へと相転移するといわれています。以前の安定ではない新しい上位の安定へと移行します。これがこころの成長です。一人ひとりの個性に合わせてスモールステップで一緒にやっていきましょう。未来に向かう道のりのステーションの一つとして『よかよかルーム』が存在できますように。

◆ 相談員:Nさん

 皆さんにお会いする時は常に若い気持ちでいますが、相談員の中では最年長です。電話と面接相談、訪問・同行支援にステュディオスのレディースデーを行っています。今の社会は再チャレンジが難しい状況ですが、自分の生活に生じた問題を何とかしたいというニーズに対して、少しずつ道筋が開けてきています。社会福祉士の専門性を活かして、ひとりひとりの状況や個性に合わせて関わり、ご一緒にその人らしい社会参加を模索しています。そしてどんな人でも共に生きて行けるように、ノーマライゼーションの実現に向けて支援しています。「よかよかルーム」や「とろっこ」にお越しください。人と出会い、ここで元気を取り戻しましょう。そして希望を諦めないでチャレンジして下さい。

◆ 相談員:Sさん

 勤務日は金曜日で、引きこもりの方の家庭訪問を中心に働きます。元福岡市立高校の教員で、3年ほど前に若者サポートステーションでも仕事をしていました。変なおじさんですが、周りの人を楽しくできるように頑張りますので、よろしくお願いいたします。


◆ 相談員:Oさん


 「ひきこもり」との関わりは、十年以上になります。その間、「ひきこもり」のあり方や、専門家の理解、世間一般の理解が変化してきているのを感じます。
 ご本人の様子としては、「部屋に閉じこもりっきりで、家族も数年間顔を合わせていない」というような方は減り、家の中を自由に動けたり、夜のコンビニ等なら外出や買い物ができる「ひきこもり」が増えています。専門家の理解も、以前は「親の育て方の問題」か「精神疾患」ぐらいの理解しかありませんでした(当時の専門家に傷付けられた親御さんがいましたら、ごめんなさい)。現在は「いじめ等の心的外傷の影響」、「社会の問題」、「持って生まれた本人の特性」など、様々視点からご本人や家族の苦しさを理解できるようになってきています。ご本人やご家族のお悩みや苦しさを一つ一つ確認しながら、次の一歩をどう見つけていけるか、一緒に考えられたらと思います。

◆ 相談員:Hさん

 センターのコーディネーター兼、グループワークの担当をしています。
私自身、話し方やペースが穏やかでゆっくりな為、みなさんとお話をさせて頂き、暖かい空気が流れるのを感じています。よかよかルームにお越しいただき、一緒の時間を過ごすことで、私も皆様も、ちょっとした何かに気付いたり、変化を感じる事があるかもしれません。そしてそれはきっと苦しい中にも小さな幸せを感じられる事だと信じております。時には一緒に悩み、時には一緒に喜びを感じ、ゆっくりではあっても一歩づつ共に歩んでいきましょう。


◆ 相談員:Aさん

 今年から新しくボクシング体操を習い始めました。体育の時間が苦痛な上に、人見知りな私としては、激しい動きについていけるか?習っている人の輪の中に入っていけるか?など、不安がたくさんでした。実際にやってみると、全然動けていませんが、少しでもできると先生が褒めてくれるので、嬉しくなって続けられます。人の輪に入れるかという点は、先生の動きを見るだけで精一杯なので、周りを見る余裕すらなく、自分が浮いているのではという不安も浮かびません。
 始める前は、自分で勝手に高いハードルを作っていましたが、体を動かすのは楽しいなと思えただけでも、今のところはよかったと思っています。時には勇気を出して一歩踏み出してみると、頭の中で大きく膨らんでいた不安がちょうどよい大きさになったり、今まで知らなかった楽しみが見えてきますね。
 ひきこもりで悩んでいるみなさんが、そんな一歩を踏み出すお手伝いができたらいいなと思っています。
 よろしくお願いします。


◆ 相談員:Kさん

 ひきこもりといわれる方々と関わるようになってから、ひきこもりとは、他人や社会とどのように関わって良いのか分からず、不安や緊張を感じるうちに自分自身の内に閉じこもってしまう、このような誰しもが持ちうる心性ではないかと感じるようになりました。こんなことやってみたいな、こうなりたいなという希望はあっても、不安や心配が先立ってしまい、どこから手をつけていいのか分からないまま時間が経っていく、そんな方が多いのではないでしょうか。そのような希望に一歩でも近づくために何ができるのか、一緒に考えていくお手伝いをしていけたらと思っています。

▲ ページトップへ

  福岡市ひきこもり成年地域支援センター(よかよかルーム)
〒810-0073 福岡市中央区舞鶴2丁目5-1 あいれふ3階 TEL:092-716-3344(相談専用ダイヤル)

Copyright (c) 福岡市ひきこもり成年地域支援センター All Rights Reserved